1. HOME
  2. ブログ
  3. ミャンマーチーク製の特注玄関ドアを納品しました。

ミャンマーチーク製の特注玄関ドアを納品しました。

東京都大田区O様邸

昨年10月に関東を直撃した台風19号により被災した玄関ドアをお取り替えさせて頂きました。
築10年を経過した邸宅に設置されていた他社製ドアですが、木製にとっては有り難くない陽当たりの良さもあってかなり傷んでいました。そこに台風が直撃したため、表面材が剥がれ捲れ上がっていました。このドアの交換にあたり大きく二つの問題がありました。

一つは陽当たりの良さです。木製ドアの大敵は陽当たりに尽きます。直射日光による紫外線により塗装の劣化が格段に早まってしまいます。塗装が劣化すると風雨に対して防御することが出来ず、木材そのものが傷んでしまいます。残念ながら設置条件は変えられません。

もう一つの問題はドア幅のサイズが1.2mもあるということです。ノナカの場合、最大ドア幅を扉一枚あたり最大1mとしています。外部では直射日光や風雨に晒され、内部側は空調が整っているという全く異なる環境を、“木の板一枚”で遮るのは至難の業と言えます。

そのような過酷な環境下でも「反らない・捻れない・割れない」ような構造を持っているのがノナカのドアです。それを実現できる最大値が過去データから1mであると規定されています。今回のO様邸に関しては枠がスチール製であり、開口寸法が変えられないのでやむなくオーバーサイズで製作をしました。内容は企業秘密なので、ここでは出来る限りの工夫をしたとしか言えませんが、規格外製品としてご理解頂いて納品させて頂きました。

Preciousシリーズ オーダーメイド 玄関ドア

■Preciousシリーズ オーダーメイド 玄関ドア